エンタメ・イベント

【ネットで初詣】2021年はオンライン参拝!御利益ある?やり方や神社も紹介

2021年 初詣 オンライン参拝 やり方 御利益 神社

2021年の初詣はどうしようか悩んでいませんか?

初詣行きたいけど、今のご時世人混みでの参拝は避けたいですよね。

 

2021年の初詣はオンライン参拝をおすすめします。

混み合う初詣はネットで済ませて、空いてきた頃に実際に足を運べば問題ないです。

 

ネットで初詣は御利益あるので大丈夫。オンライン初詣で参拝する方法などの情報をまとめました。

記事の内容

  • オンライン参拝とは?
  • 初詣をオンライン参拝で済ませて御利益あるのか?
  • オンライン参拝のやり方・方法
  • オンライン参拝ができる神社

 

ネットで初詣!オンライン参拝とは?

オンライン参拝とは

オンライン参拝とは、画面上の神社にお参りする方法です。

2020年5月頃から密を避けるご時世を考えて、直接神社に行かずに参拝できる神社が少しずつ増えてきました。

 

例えば台東区にある「小野照崎神社」の場合、ご祈祷のライブ配信や御朱印と交換できる画像配布など行っていました。(期間限定だったので現在終了)

 

しかしオンライン参拝ができる神社は限られています。

歴史ある神社と最先端の技術はやっぱり相反するもので、ウェブサイトはあっても参拝できない神社が多いのが現状です。

 

オンライン参拝は、リモート参拝、ネット参拝、バーチャル参拝など色々な呼び方がありますが、実際に足を運ばずにインターネット上で完結する参拝という意味では同じです。

 

 

【ネットで初詣2021】オンライン参拝して御利益や効果あるの?

「オンライン参拝は御利益や効果があるの?」「意味ある?」

一番気になる点ですが、オンライン参拝はちゃんと御利益があるので2021年の初詣の時に行っても大丈夫です。

 

ネットで初詣は昔からある遙拝と同じ

神社に行かず遠くから神様に拝礼する「遙拝(ようはい」があります。

 

遙拝の始まりは平安時代初期、1200年以上前から続いている拝礼方式で実際に神社に行かない参拝は昔からありました。

 

遙拝は「神様の鎮座地(神社)に方に向かって二拍手二拍子一拝する」のが作法。

実際に毎年1月1日に天皇陛下が伊勢神宮を遙拝されており、宮中の重要な拝礼行事となっています。

参考

遙拝をした場所が神社になった山宮浅間神社や北口本宮富士浅間神社があります。

富士山の噴火を「浅間大神」のお怒りが原因と考えた当時の人々は、富士山の見える場所に遙拝所を設けて祈りを捧げるようになりました。

現在は1,300社の浅間神社があり、この2つの神社が浅間神社の始まりだといわれています。

 

 

映像や写真で神社を見ながらの参拝は御利益がある

オンライン参拝は確かにインターネットを介する新しい方式ですが、遠くから神様に拝礼する遙拝と仕組みは同じだと考えられます。

 

「神社をより具体的に思い浮かべることで拝礼のパワーが増幅する」なんて話もありますから、映像や写真で実際の神社を見ながらの参拝は十分御利益があると言えるでしょう。

 

気持ちを込めればオンライン参拝だけでも十分御利益があります。

それでも不安だと感じるのでしたら、初詣が落ち着いたころに実際の神社へお参りしたら良いと思います。

 

 

 

【ネットで初詣2021】オンライン参拝する具体的なやり方は?

オンライン参拝のやり方は、ウェブ上の神社の映像や写真に対して拝礼します。

 

神社の写真のみの所からライブ映像の動画があるところまで様々。

例えば出雲大社埼玉分院は、実際に足を運んだように錯覚するようなキレイな3D映像を用意していました。

 

東大寺はバーチャル参拝だけでなく、寺の隅々までネット上で見られますのでちょっとした観光旅行の気分さえ味わえて面白かったです。

 

 

オンライン初詣はネット上で完結する神社もある

初詣といえば参拝以外にも「お賽銭」「おみくじ」「お守り、お札、絵馬」などがあります。

これらもネット上だけで完結する神社がありました。

 

お賽銭や購入は銀行振込、お守り、お札は郵送という具合に実際に神社に行かずできます。

 

古式神道桜神宮は、ネット上で宮司に無料で相談できる窓口があったり、ヴァーチャルの絵馬を奉納できたり斬新な神社もありました。

身体の不自由で神社へおもむくことができない人にとって有り難いですね。

 

無料のおみくじがある神社は項目(病気・恋愛など)が本物と同じでちょっとビックリ。結構本格的でした。

 

実際にオンライン参拝できる神社を次に紹介します。

 

 

【ネットで初詣2021】オンライン参拝できる神社

オンライン参拝できる神社の一部です。

2021年の初詣の際にご利用してみてください。

 

神田明神(東京)【お札・お守り】

お守りやお札、絵馬などがあります。

「カゴに入れる」などECサイトぽいデザインになっていて使いやすいです。

 

神田明神 オンライン授与所

 

 

愛宕神社(東京)【参拝・おみくじ】

神社の画像が用意されており、実際に参拝した気分を味わえます。

無料のおみくじは、待ち人、旅行、恋愛など実際のおみくじのように結構本格的です。

 

愛宕神社公式サイト

 

古式神道桜神宮(東京)【参拝・お賽銭・記帳・絵馬・お守り・相談】

インターネット遙拝というカテゴリでできます。

絵馬はウェブ上、お守りは画像印刷とネットに特化した神社です。

宮司さんに気軽に相談できるようになっています。

 

古式神道桜神宮公式サイト

 

出雲大社埼玉分院(埼玉)【参拝・お守り・おみくじ】

オンライン参拝が3D画像を使ったリアル画像で、本格的な参拝が味わえます。

お守りやお札などの通販もあります。

 

出雲大社埼玉分院公式サイト

 

本光寺(千葉)【参拝・おみくじ・お守り・お札・祈祷代行など】

24時間リモート配信しているのでいつでも参拝することができます。

通販ページでお守りやおみくじ、お札などがあります。

 

本光寺公式サイト

 

鶴岡八幡宮(神奈川)【お札・お守り・祈祷】

お守りやお札などの郵送対応が可能となっています。

 

鶴岡八幡宮公式サイト

新年祈祷について(pdf)

授与品の郵送対応について(pdf)

 

 

築地本願寺(東京)【参拝】

朝6時から16時までの間、本堂のライブ動画を配信しておりバーチャル参拝ができます。

 

築地本願寺公式サイト

築地本願寺公式Youtube

 

別小江神社(愛知)【参拝】

朝9時から17時まで神社内の様子をライブ配信しています。

 

別小江神社公式YouTube

 

東大寺(奈良)【参拝】

3D画像を使ってバーチャル参拝ができます。

世界遺産である東大寺の中を実際に訪れた感覚になって、結構しっかりできていますね。

オンライン参拝だけでなく、ちょっとした観光気分が味わえてお得です。

 

東大寺3Dバーチャル参拝

 

東林寺天満宮(福岡)【参拝・祈祷・お守り】

画像による参拝ができて、ゲストブックに願いや誓いを書き込むことができます。

ご祈祷は通信祈祷も可能です。

 

東林寺天満宮公式サイト

 

鳥飼八幡宮(福岡)【参拝・お守り・祈祷】

株式会社ザッパラスとコラボで、占いフェス内でオンライン初詣を実施します。(12月31日から)

スマホで初詣!先進的な神社ですね。郵送祈願も受け付けています。

 

鳥飼八幡宮公式サイト

占いフェスオンライン公式サイト

 

 

 

まとめ:2021年初詣はオンライン参拝!御利益ある?やり方や神社も紹介

2021年の初詣はオンライン参拝も悪くないと思います。

思いを込めればちゃんと御利益はありますし、空いてから神社へ行っても遅くはありません。

 

正月前の参拝「幸先詣」といった密にならないように「分散参拝」をおこなうなど、各神社寺も対策を講じています。

初詣しないと新年が始まらないと感じている人も多いので、こういった対策をしてくれるのは嬉しいですね。

 

気軽にお参りするのが難しい現在、考えてみてはいかがでしょうか。

 


sponsored link

-エンタメ・イベント

© 2021 ズバめい