ズバッと!めいくーきゅりあん

めいくーがあなたの漠然とした疑問や悩みにズバッと!お答えします。



社会

【広島】しぶんぎ座流星群2019が見える最適な時間帯や方角を調査

投稿日:

2019年のしぶんぎ座流星群の見頃はいつなの?

寒い冬だからこそ楽しめるのが天体観測です。寒くて湿度が低いと遠くまでよく見えるので星空を眺めるのに最適なんですよね。

ペルセウス、ふたご座とともに三大流星群の1つであるしぶんぎ座流星群の見頃が近づいてきました。

  • 広島県からしぶんぎ座流星群が見られるのはいつ頃なのか
  • バッチリ見られる時間帯や方角

友達と見に行ったのに自分だけ見逃してしまった・・・そんなことのないように気をつけてください笑


sponsored link



2019年しぶんぎ座流星群観測は1月4日夜明け前が最適

しぶんぎ座流星群は1月4日の夜明けごろが最もよく見えます。夜明け前の2~3時間がベストタイミング。

 

月の明かりが天体観測の邪魔をしますが、1月3~4日の月はひょろりと細いので2019年のしぶんぎ座流星群はよく見えそうです。

2018年年末のふたご座流星群は21時頃と観測しやすい時間帯でしたがしぶんぎ座はかなり酷な時間帯です。防寒装備は完璧にしていきたいですね。

 

またしぶんぎ座流星群は活動時間が短いという特徴があります。三大流星群を全部観たい!と考えているなら1月4日の夜明け前に夜空を見上げてみましょう。

 

この流星群が最も活発な時間帯は2019年1月4日の午前11時ごろになので、空が暗い一番遅い時間帯ほど流星群がよく見えるということです。

この流星群は毎年同じ時期に表れているので間違いないですね。ただ極大時間が昼間になってしまった年は期待するほどよく見えないので2019年はその点残念です。

 

 

2019年しぶんぎ座流星群が見える方角は北東とそれ以外

しぶんぎ座流星群が見える方角は北東。りゅう座、うしかい座、北斗七星の方角です。

しかし北東だけでなく流星はあっちこっちに飛びますので、視界を邪魔しない場所で真上を見上げて流星観測するのがベストだと思います。

 

季節は極寒の冬場です。

寝っ転がって夜空を見上げるのがデフォになりそうですが、防寒シートでしっかり下からの冷気から身を守るようにしてくださいね。

若いときに友達とノリで流星観測しに行ったときは寒くて流星どころじゃなく全く星空が見られなかったという残念な思いをしました。人生でワースト20に入る嫌な思い出です^^;

 

 

しぶんぎ座流星群がよく見えるスポット3選【広島】

最後に広島で流星群観測にバッチリなオススメスポットをご紹介します。1時間で最大20~30個の流星が見れたら寒さも吹き飛ぶ・・かも^^

1.呉市かまがり天体観測館

広島市内から車で80分の距離にある天体観測所です。

県民の浜海水浴場にほど近く、42cmのマウストフ望遠鏡があるところです。

 


sponsored link

2.星居山森林公園キャンプ場

広島県の東の星居山は空気が澄んでいて、芝生に寝転んで夜空を見上げるのにちょうど良いところです。山の上は天体観測する場所として鉄板です。

3.星降る展望台

昼間も大パノラマが見える展望台で、夜は天体観測の邪魔になる光が少ないので流星群を見るのに最適な場所です。

 

しぶんぎ座流星群を見たいけど寒いのが苦手

夜空に広がる流星群を見たいけど寒いのはやっぱり嫌だと思ったあなたにちょうど良いのがネットのライブ動画です。

私は出かける勇気がないので限界までこちらで見ることにします!

 

 

まとめ

  • 2019年のしぶんぎ座流星群は1月4日の夜明け前の2~3時間が最適
  • しぶんぎ座流星群が見えるのは北東。その他にも飛ぶので寝っ転がるのがベスト

広島のしぶんぎ座流星群がよく見える時間帯の気温は2~3度。ですが山の上だともっと寒く感じるかもしれませんので防寒装備はしっかりとお願いします。

やっぱり自分の目で流星群を見るとやっぱり感動してしまうんですよね。流星を見たことがなくて、時間がもしありましたらぜひチャレンジしてみてください^^


sponsored link



-社会
-

Copyright© ズバッと!めいくーきゅりあん , 2019 All Rights Reserved.