社会

現金給付がもらえる人は減収世帯だけ?いつもらえる?自己申告制の問題点とは【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が現金給付することがほぼ確定しました。

ただし現金給付は自己申告制です。

現金給付がもらえる人は減収世帯だけなのか?いつもらえるのか?自己申告制の問題点とは、について解説します。

 

※ この記事にある30万円給付ではなく、一律10万円給付になりました。

生活保護者、在日外国人に関わらず住民台帳に基づいてもらえます。

 

sponsored link

現金給付について政府が調整段階に。自己申告制を検討中


政府が新型コロナウイルスの拡大による政策として「現金給付は1世帯30万円。自己申告制を検討している」と明かした。

現金給付30万円は大きいですね。

 

お肉商品券、お魚商品券、マスク2枚など海外から失笑を買いそうなコロナ対策でしたがやっとまともな政策が行われそうです。

 

しかし、、問題は自己申告制です。

現金給付がもらえる人は誰なんでしょうか。

 

現金給付がもらえる人は減収世帯だけ?いつもらえる?

新型コロナウイルス対策で、現金給付がもらえる人は「新型コロナの影響を受けた人」です。

 

  • 低所得者
  • 新型コロナウイルスで所得が急減した世帯

この2点の世帯を救済するための現金給付なので加えて、住民税非課税世帯が含まれます。

世帯単位というのもミソです。大家族より独り身の方が有利ですね。

 

また「新型コロナウイルスで所得が急減した世帯」というのもいかがなものかと。

新型コロナウイルスに負けないように工夫して売上げを減らさず頑張った人、休めず頑張った人には何も補償がないってことです。

頑張っても報われない。公務員の予算と同じですね。お役所仕事とはこのことでしょうか。

 

現金給付がもらえる時期はいつ?

現金給付がおこなわれる時期について、今の所不明です。

安倍首相は「できるだけ早く早期に」と述べていますが、現金給付が全員一律ではなくなったので難しいんじゃないかと思います。

 

また現金給付を行うと決めただけで、これから補正予算を組んでからの実行となります。

5月のゴールデンウィーク前に予算を通すつもりですが、そうなると5月に申請開始しても支給されるのは早くても6月以降になるんじゃないかと。

 

そう考えると遅すぎますよね。

 

アメリカでは3月25日に大型補正予算を成立済み。

大人1人1200ドル、子供1人500ドルを直接給付することが決定してます。

4月下旬ごろに小切手で各家庭に届くそうですから羨ましい限りです。

 

日本の現金給付で一番問題なのは「自己申告制」であること。

次に自己申告制の問題点についてまとめます。

 

現金給付は自己申告制!緊急対策じゃなかったの?

現金給付は自己申告制で行われる可能性が高いです。

「できるだけ早く早期に」

そんな事言ってる割に自己申告制で現金給付される人を審査するってめちゃくちゃ時間かかりませんか?

 

住民税非課税世帯の場合はすぐに判明しますが、新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減った世帯は資料提出などが必要です。

 

自己申告制の問題点は、

  • 所得の減少を自ら証明する必要がある
  • 条件精査のために時間がかかる
  • 受付窓口が疲弊する(おそらく役所の窓口)
  • 多くの人が殺到して新型コロナウイルスの感染拡大する恐れがある

普通に考えても自己申告制は問題ありすぎ。

「全員一律にして申請のために役所に殺到⇒クラスター」を避けたという見方もありますが、申請のために人が集まったら同じです。

 

 

全員一律を嫌う麻生太郎財務相の影響が大きいんでしょう。

2009年のリーマンショック時、麻生首相だった時に1万2000円国民に給付しました。

その時全く国民受けしなかった経験からだそうですが、、、相変わらずこの人は世間一般と常識がずれてます。

 

現金給付は緊急対策じゃなかったの?

自己申告制にして役所に負担かけて遅すぎやしないかい?

 

大災害など起きたとき政府は何しても叩かれます。できれば安倍首相も誰かにやってもらいたいでしょう。

しかしスピーディーに物事が進まないのか。もう少し国民の不安を和らげる政策を実行してくれたらと思います。


sponsored link

-社会

© 2020 ズバッと!めいくーきゅりあん