ズバッと!めいくーきゅりあん

めいくーがあなたの漠然とした疑問や悩みにズバッと!お答えします。



家電

【第2弾】ドンキ4kテレビのメインボードは東芝じゃない?予約や通販情報まとめ

更新日:

ドンキ4kテレビ

(出典:https://www.bcnretail.com/files/user/201709271203_1.jpg)

 

人気すぎて完売したドンキ4kテレビの第2弾が発売されます。

50インチの大きさなら安くても10万円というところ、税別5万4800円というから驚き。

激安なだけでなくドンキ4kテレビが注目を集めた理由は「メインボードが東芝」だったから。

”ジェネリックレグザ”と呼ばれ即完売されました。

 

第2弾も期待が高まりますがメインボードは非公表。

もしかして東芝製じゃないの?(*基板を見たら東芝でした)

不安がよぎりますね。

発売日や予約、通販情報などまとめてみました。


sponsored link



ドンキ4kテレビの第2弾が発売!最大輝度がアップ

ドンキ4kテレビの第2弾が10月3日から発売されます。

第1弾と同じサイズ(50インチ)で筐体も同じなので、見た目は第1弾と同じ。

 

画面の最大輝度が300→350cdにアップしました。

輝度とは明るさです。

輝度が高いと遠くからでも画面の文字が見やすくなるメリットがありますが、300から350になったからってパッと見でわかるかどうかは疑問。

まぁスペック上は良くなったというレベルだと思います。(見やすさは環境に依存するため)

 

とはいえ、50インチで税別5万4800円はお得。

  • まだハイビジョンテレビの人
  • 大きな画面のテレビが欲しい人

ドンキ4kテレビはこんな人にとってうってつけのテレビですね~

 

 

【第2弾】ドンキ4kテレビのメインボードは非公表!東芝製じゃないの??


ドンキ4kテレビの第1弾は箱に「東芝映像ソリューション株式会社が開発したメインボードを採用」と書いてありました。

しかし第2弾は「非公表」に。

 

まさか!東芝製じゃないのか??

 

第1弾のドンキ4kテレビが人気になった理由は

  • 50インチの4kテレビなのに5万4800円と激安だった
  • ゲームに強いテレビ
  • 中身が東芝のレグザ

主にこの3点があげられます。

 

ドンキ4kテレビは情熱価格というプライベートブランド。

自分たちで部品を買って製品にしています。

だからメインボードも東芝が外販していたものを採用して組み込んだものでした。

 

第2弾のメインボードはなぜ非公表?

メインボードが非公表になった理由は「家電メーカーから怒られたから」かもしれません。

 

第1弾のドンキ4kテレビを発売して各方面から注目されました。

50インチの4kテレビで6万を切る値段です。

安かろう悪かろうではありません。

中身が東芝製だったので。

 

しかしこれってテレビを作っている大手家電メーカーからすると、

「ふざけるなーー!」という感じですよね?

液晶テレビの利幅がなくなって赤字続きになり、4kテレビ発売でやっと収益化できた訳ですから。

 

第1弾のドンキ4kテレビがアレだけ好評だったのにもかかわらず、完売終了した原因はここにあると思うんです。

 

過去最大級の赤字で経営が苦しい東芝さんも大手家電メーカー。

やっぱり堂々と名前を使われるのは困りますよね、色々と。

 

メインボードは東芝じゃない?それとも東芝?

ドンキ4kテレビのメインボードは東芝製じゃない可能性もあります。

 

非公表としても「また東芝製かも」と注目を浴びます。売れます。

「東芝製じゃないみたいだけど映りいいよー」とSNSで宣伝してくれるかもしれません。

 

ただ東芝製だと期待して買った人からすると期待外れ。

「だまされた・・・」

「やっぱドンキのテレビだな。。」

とデメリットの方が多いです。これはなさそう。

 

東芝製じゃないにしろ、東芝相当のメインボードじゃなきゃ収まらないでしょーね。

ヤマダデンキのように激安でもフナイ製だったらお得感がうすい。

 

また生産ラインにおいても第1弾と同じ東芝のメインボードだったら楽。

むしろ工場長はそれを望んでいる。

ですので第2弾のドンキ4kテレビも東芝製である可能性が高いと思われます。

 

じゃあなんで非公表にしたのか。

本当は東芝製なんだけど、チャンネルメニューがレグザっぽくないのかも。

または「東芝という名前を使わずに売ってくれ」とお願いされたのか。

 

第1弾が売れた時も「ドンキのテレビの製造に関わってないよ!」って東芝は声明をだしてましたので。

 

謎は深まるばかり・・・。多分東芝だと思うけど。

 

 

追記:ドンキ4kテレビの第2弾もメインボードは東芝製だった

ドンキ4kテレビの第2弾を購入した人がちらほらレビューをアップしてくれています。

  • テレビのメニュー画面
  • 対応速度9.5msという表記

メインボードは東芝製の可能性が高そうです。

 

ジェネリックテレビなだけに「アプコンがない」など機能が省略されていますが、それでも50インチの4kが6万以下というのはお得ですね。

 


sponsored link

追記:基板をチェックしたら東芝製だった!第1弾と変わらない残念なところ

ドンキ4kテレビの第2弾を分解している記事で、完全に東芝製だったことが明らかになりました。

 

非公表とされたメインボードにあるチップを見てみると、英字で「TOSHIBA」の文字がちゃんと印字されていました!

 

ドンキ4kテレビ第1弾と同じみたいです。

第2弾は最大輝度が上がるなどバージョンアップしていますので、液晶表示を制御するT-CON基板は新しいものになっていました。

 

ドンキ4kテレビ第1弾から変わらない所

  • 音声
  • ネット非対応

この2点が第1弾と同じく残念な機能。安いだけにこういう部分が削られています。

ただ第1弾と比べて液晶が明るくなったのは事実。

ドンキ4kテレビ第1弾を逃した人にとって損はないと思います。

 

 

ドンキ4kテレビの第2弾!【予約・通販情報まとめ】


ドンキ4kテレビは10月3日から随時発売されます。

 

第1弾のドンキテレビは基本店頭での発売でした。在庫がなくなった時も

  • 店頭での注文販売
  • ドンキのmajica会員限定で再販(店頭で予約)

という対応でした。

ネットで買えそうにないので、手に入れるなら最寄りのドンキホーテの店舗に行くのが確実です。(ドンキの店舗検索))

第1弾と違い、第2弾はある程度数をそろえているそうなので、「買いたいのに買えない・・・」というドンキテレビ難民は出ないはず。

 

激安で50インチ4kのお得なテレビ。

第2弾のドンキ4kテレビを狙っている方はチェックしてみて下さい~

追記:10月3日 ドンキ4kテレビ第2弾が発売!・・だけど買えないらしい


  ドンキ4kテレビの第2弾が発売されました。

発売日だけどまだ入荷していない店舗もあるようで、入荷次第売りますって感じなんでしょうか。

「5台しかなかった」

「予約も無理っぽい」

「2台予約できた」

状況は店舗によってバラバラ。

 

潤沢に商品を用意すると言っていましたが、発売日にたくさん揃えていたというわけじゃなさそう。

 

「今現在も生産していてできた分を各店に配送している」

そんな段階なのかもしれません。待つしかなさそうですね。

 

追記:ドンキ4kテレビ第2弾の予約できない?

10月3日に発売開始されたドンキ4kテレビの第2弾。

やはり店舗によって対応が違うらしくみなさん困っているようです。

というのも第2弾発売についてネットニュースが先行して情報を発信したからです。

 

店舗の家電担当者もそれは同じで、

店舗に電話をしても「予約は受け付けていません」次の日「完売しました」なんて言われる始末。

現場でも混乱が起きているじゃないかと思われます。

 

ネットで予約できたという人によると

  • 店舗に行ってドンキ4kテレビの第2弾がないのか?と聞いた
  • 現在入荷していない
  • でもせっかく来てくれたから予約しておきましょうか?
  • 予約完了

こんな流れだったそうです。

抽選販売になったり、すでに完売になっていたりと店側の対応によって全然違います。

「やっぱドンキだった」と嘆く人もいました。

 

雑誌等でも取り上げられてかなり注目が集まったドンキ4kテレビ。

ドンキホーテ本部の方でもう少し統制がとれないのでしょうか。

時間が経てば落ち着くかもしれませんけどね。


sponsored link



-家電

Copyright© ズバッと!めいくーきゅりあん , 2018 All Rights Reserved.